ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.9.18 アメリカ旅行 4 ロサンゼルス~ラスベガス ①

朝食も済んだところで、いよいよロサンゼルス空港に到着です。
入国の案内とかありましたが、基本すべて英語。
アメリカでは最初に到着する空港で入国審査、税関がありそこからまた目的地にむけて
スーツケースを預け直します。

ロサンゼルス空港にはいくつかのターミナルがあり、ターミナル4がアメリカン航空の
専用のターミナルです。
以前はターミナル4にもイミグレと税関があって、ターミナル内での移動だけで済んだ
みたいですが、今はトムブラッドレーという世界中の国際線が到着する巨大ターミナルでの
手続きになるので、混雑時には入国するのに2時間待ちというまるでどこかのテーマパーク。
ターミナル4で降ろされた私たちは、徒歩でトムブラッドレーまで移動し、入管の列に
並びました。
アメリカ国民の列はサクサク進みますが、Visiterの列は超牛歩。
でも、大韓航空が先に到着済みだったので比較的空いている方だったんじゃないかな?
中国や韓国の大型機が到着する時間についてしまうと、それはひどいことになるそうです。

しばらく並んでしたらcitizenの列が空いたので、visiterもそちらに回してもらえて、
ラッキーでした。
前回の入国の時は、しどろもどろになってしまったので、今回は何か聞かれたらにっこり笑って
「Sigthseeing 7days」
それだけで指紋と顔写真の撮影で終わりました。

スーツケースをピックアップして、税関へ。
大きなスーツケース2個を持った女性が、しつこいぐらい検査されていました。
で、ここでもにっこり笑って(← これ大事)「Hello!」
検査官は二人のパスポートの写真と顔をちらっと見た後、にやっと笑って「Honeymonn?」
「Oh!no!no!」
無事通過。

connecting flightの表示がある方向に進むと、そこは各方面行きのbaggage drop。
ここで預けるコンベアーを間違うと、ひどい目にあいます。
きょろきょろしながら歩いていたら頼りがいのある体型の女性係員が、スーツケースについた
タグを見て、「VEGAS №4」
№4のコンベアーのところには何にも書かれていません。
でも№4の係のお兄ちゃんは何も言わずにスーツケースを受け取りました。
うえ~ん・・・不安だ・・・
前回のDelayを思い出す・・・
大きな不安を抱えたまま、外に出ました。
外に出て現地係員のおねいさんと一緒に、再びターミナル4まで徒歩移動。
ここでまた手荷物検査なんですが、AAは機内持ち込み制限が厳しく、カメラバッグを背負い、
ウエストポーチを着け、1日分の身の回り品バッグを持ったnamyは超過料金を取られてしまします。
んじゃ、ということで身の回り品バッグの中にウエストポーチを収納。これでOK。
でも入り口で持ち込もうとしたカバンが大きすぎて、止められている人達がたくさんいました。

荷物を全部おろし、上着も脱ぎ、靴まで脱いで手荷物検査。
今回は何事もなく通過しました。
f0046614_10564913.jpg

コンドルかな?アメリカらしい。
現地時間で、9月18日 午前11時05分。
これに14時間足すと、日本時間です。

手荷物検査通過後、ゲートの確認をしたら41番でした。
やることもないので41番ゲートの椅子に座っていたら、なんか様子がおかしい。
ゲートの行先表示は、Bostonになっている?
モニターを確認しに行ったら、ゲートが43に変更になっていました。
あぶない、あぶない。

出発時間になり、ラスベガスに向けて出発です。
[PR]
by ashu_namy | 2011-10-11 12:30 | 2011.9 Grand Circle