ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.3.23 America旅行 21 サンフランシスコ滞在 ③

サンフラン滞在2日目。
この日はサンフラン最大の目的、GOLDEN GATE Brigeに行きます。

まずは朝食。

f0046614_22131357.jpg

朝食のパンケーキが人気の、Lori's Dinerで、ashuはフレンチトースト。
私は、パンケーキを食べました。
コーヒー、紅茶はおかわりFreeです。
黙っていると、エンドレスで注ぎ足されます。
右は、前日に買ったGhirardelliのチョコ。
MUNI Passの中に、10%OFFクーポンが付いていたのに、気が付かなくて使えなくてプチショック。
向かいのNIKKO HotelにあったJCBプラザへ遊びに行ったら、カエルストラップをもらいました。

朝食後はケーブルカーに乗って終点まで移動。
ここからバスに乗って、GOLDEN GATE Brigeに向かいます。
しかしこのバスがなかなかの曲者で、日本のようにバス停の名前がありません。
サンフランは碁盤の目に整備されていて、それぞれの通りに名前が付けられていて、
通りと通りの交差点にバス停があります。
そして車内では次のバス停の案内なんてありません。
窓から通りの名前を確認して、自分の降りたい通りの手前で車内のひもを引くと「次、止まります」と表示されるだけ。
次はどこで止まると親切に車内放送がある日本のバスに慣れている身には、なかなか大変でした。

目的のバスが来て乗り込んでみると、小学生の子供たちで満員!
窓の外を見ながら、降りる通りを探さなくてはならないのに雨が降ってて窓が曇ってよく見えない!
それでもなんとか目的のバス停に止まったので、前の人に続いて降りようとしたら、突然目の前で扉が閉まった!
いかん!バスが発車してしまう!

そこでnamyが取った行動とは!

「Excuse me! Excuse me! 
どん!どん!どん!(← ドアをたたく音)」

もう、バスを降りたい一心で、ドアをたたいてました。

そしたらどこからともなく、「Step down」

そんな声は耳に入らず、なおもドアをたたき続けるアジア人の大人に向かって、10数人の小学生が声をそろえて、「(だぁ~かぁ~らぁ!!)Step down!
(だってばっ!)」


「へ?」

近くにいた男の子が、1段ステップを降りたら、なんとドアが開きました!
ステップに降りたらドアが開くなんて・・・ドアに書いてありました(^^;)

ドアが開いたことがうれしくて、「Sorry! Thank you!」と、大きな声でお礼を言ってバスを降りました。

あのバスに乗っていた小学生たちが「いいことをした」と思ったか、「バスの乗り方も知らないで乗ってくんじゃねーよ!このボケッ!」と、思ったかは神のみぞ知る。

降りたバス停のすぐ近くに乗り換えのバス停があることに気が付かず、うろうろするashu_namyに
「May I Help you?」と、道路の真ん中から、それも車の中から声をかけてくれた女性がいました。
見るからに道に迷っているっぽいアジア人二人が心配だったんでしょうね。
でも、事情を説明するのも面倒だった(通じるかどうかもわからん)ので、「I'm sorry. I can't speak English」と、しっかり英語でお返事。
女性は、「OK!」と去っていきました。

で、降りたバス停の、通りをはさんだ斜め前方のバス停に、私たちの前に降りたおねいちゃんがいたので、
「We go to GOLDEN GATE Brige.」と言ってみたところ、「Here」のお返事。
このバス停で待っていればいいみたいです。

待つことしばし。目的のバスがやってきました。
今度のバスは、空いています。運転手さんは、アジア系。
そこで、思い切って
「Please let me know,GOLDEN GATE brige bus stop」
と、言ってみました。

そしたらにっこり笑って前方を指さしました。
f0046614_224359.jpg

GOLDEN GATE Brigeが見えました。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2011-05-14 10:02 | 2011.3 America