ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

駄作

今日から3月ですね~時間が経つのは早いものです。
あと、10ヶ月でまた決算です・・・

さて、そんな昨日、久しぶりにDVDをレンタルして来ました。
借りてきたのは、ランボー 最後の戦場

<感想>
無意味かつ、残虐な殺戮シーン満載の、今までに見た中で一番の駄作。
時間と金、返せ(レンタル代ね)!と、思える数少ない映画。
何が言いたいのか、伝えたいのか、まったくわからない映画。
スタローンも終わったな・・・と、本気で思える映画。
でした。







だいたい、60年も内線が続いている戦場に、いくら人道的支援だからといって、武器も護衛もつけず丸腰で出かけるその考えがまず、わからない。
あげく、軍側に拉致されて、でも、内線状態だから大使館さえも手が出せない。
だから、ランボーのような傭兵たちが、救出に向かうんだろうけど、設定が安易過ぎる。

軍側が極悪非道の、人非人だということを表現したいのだろうけど、あそこまでの残酷なシーンは要らないと思える。
1度なら、まだ我慢もできるが、映画の最初から最後まで「そこまでやるか?」という殺戮、殺傷、強奪、陵辱の数々。
やたらに血しぶきが飛び、人がふっとばされる。
見ていて、気分が悪くなるどころか、監督であるスタローンの人格さえも疑ってしまう。

スタローンが好きな人は、見ないほうがいいですよ、がっかりしますから。
[PR]
by ashu_namy | 2009-03-01 13:02 | 日常のこと